松戸市の家族葬の服装のマナーを知っておこう

女性は和装の黒の喪服を着用します

大切な家族や配偶者が亡くなると、お通夜や告別式の準備をしなければなりません。松戸市の葬儀社では、家族や親戚、親族などで行う家族葬のお葬式を行っています。一般葬に比べると、参列する人数が少ないので費用を抑えたお葬式が出来ます。基本的なお葬式の服装を知っておく必要があります。一般葬と同様に女性は、和装の黒の喪服を着用することが多いです。男性の場合は洋装の黒の喪服を着用するのが一般的です。女性の場合は斎場で和装の喪服を貸してもらうことが出来ます。黒の喪服を持っていなくても、斎場でレンタルが出来るので安心です。豊富なサイズが揃っているので、安心して利用出来ます。男性の場合は夏場でも、ジャケットやネクタイは着用するのがマナーです。女性の場合は洋装の喪服を着用する時は、素足は失礼に当たります。

夏場でもジャケットは着用するのがマナーです

親戚や親族の場合は、女性の場合は黒のワンピースやスーツなどの喪服を着用します。素足は厳禁なので、黒のストッキングを必ず着用して下さい。家族葬の時も一般葬と同様に、光沢のない黒のバッグや靴を着用します。光沢のある靴やバッグなどは、慶事用になるので注意をして下さい。女性の場合はお肌の露出を抑える必要があります。夏場の場合はワンピースは半袖でも良いですが、ジャケットは必ず着用するのがマナーです。スカートは膝が見えない長さを選んで、スリットが入っていないデザインを選ぶことが大事です。スカートは上品なAラインやタイトなデザインがお勧めです。慶事用のブラックフォーマルとは違って、深い黒のワンピースやスーツを着用することが大事です。基本的なマナーを知っておくことで、いざという時に慌てずに済みます。

男性の喪服のマナーを知っておきたい

家族葬に参列する時の、男性の服装のマナーを知っておく必要があります。男性の場合は黒のジャケット、スラックス、靴下、ネクタイなどを着用します。夏場でも斎場は空調が整っているので、ジャケットは脱がないのがマナーです。会社とは違ってお葬式の場合は、クールビズはありません。光沢のない黒の靴や靴下を必ず着用して下さい。外出をする前に、服や靴にしわや汚れなどがないか、確認をしておくと良いでしょう。松戸市の斎場では、友人や知人なども参列することがあります。一般葬に比べると参列する人数が少ないですが、基本的な服装のマナーを身に付けておくことで、恥をかかずに済みます。松戸市の斎場では男性用の喪服も、レンタルが利用できるので安心です。背の高い人から、体の小さい人まで豊富なサイズが揃っています。