松戸市の家族葬の利点や人数について

松戸市の家族葬のメリットについて

近年日本で主流となりつつあるのが規模の小さな葬儀であり、家族葬は松戸市でも身近であり選ぶ人が多くなっています。規模が小さなことにより料金を抑えることができたり、身近な人のみなので挨拶などで気を使う必要がないなどのメリットがあります。規模が小さいという特徴がありますが、呼べる人数や会場の規模に決まりがあるわけではなく自由度は非常に高くなっています。松戸市には数多くの葬儀業者があり、規模の小さな葬儀を得意としていたり専門としている業者も増えていて、選択肢が豊富になっているのも大きなメリットと言えます。

家族葬の一般的とされる人数について

家族のみというイメージを持ちがちですが、家族や近親者でありどの範囲までかで悩むことになります。松戸市でも近年規模が小さな葬儀が増えていることは確かですが、そこに明確な定義があるわけではありません。一般葬との違いで最も大きな点となるのは、参列する人の数であり人の数が少なければ会場の規模も小さくてすみます。人数に決まりはないことは確かですが、通常では人数は五人から十人程度となっています。中には近親者を含めて三十人程度の規模でも、家族葬とされることもあります。

注意しておくべきポイントについて

家族のみとなっているわけではなく、故人の希望があったり遺族が参列してもらいたいと感じた人は自由に呼ぶことが可能ですが、その際にはどの範囲まで声をかけるかよく考えて選ぶ必要があります。呼ばれた人は良いですが、声をかけなかった人の中で参列したかった人から不満が出てしまいトラブルとなる可能性があるので、気をつけておかなくてはなりません。遺族は家族のみの規模の小さな葬儀にするつもりでも、葬儀があることを聞きつけた人が急に葬儀にやってくることもあります。その場合にはきちんと対応する必要があるので、会場の規模や椅子の数なども考えておくようにしましょう。規模の小さな葬儀を得意としている業者なら、急遽の参列者に対する対応もきちんと行ってくれるので安心できます。参列する立場の場合には、声をかけられない限り大々的にされていない葬儀には勝手に足を運ばないようにするのも、近年のマナーとして頭においておくべきです。今後さらに家族のみなど規模の小さな葬儀は増えていくことになるので、きちんと考え執り行う場合も参列する側でもマナーを守るようにしておく必要があります。