松戸市で家族葬を執り行う際の挨拶について

必要性や必要となる場合について

少子高齢化や近所付き合いが軽薄になったことなど、あらゆる理由から近年では葬儀は規模が小さなものを選ぶ人が増えており、松戸市でも家族葬は珍しくはなくなりました。家族のみしか参列できないわけではなく、親族や身近な人、故人や遺族の希望があれば呼ぶことができるといった自由度が高い点も魅力ではないでしょうか。家族葬を執り行うとなれば気になるのは、挨拶は必要になるかという点です。本当に家族や親族のみとなれば不要ということもありますが、親類縁者や親しかった友人も参列する葬儀の場合には儀礼の節目に喪主が、きちんと挨拶や感謝を述べるタイミングとしても受けておくことは必須と考えておきましょう。

必要になってくるタイミングについて

喪主の挨拶が必要になるシーンとしては、通夜の後や出棺の前になっています。地域の習慣やしきたりにより葬儀の流れに間違いはあることは頭においておかなくてはなりません。松戸市にも規模の小さな葬儀を得意としていたり専門としている業者も増えているので、悩んだ際にはまず問い合わせるなどし、相談してみるようにしましょう。きちんとしたアドバイスをしてくれる業者を選ぶことが、満足できる葬儀につながります。詳しくは葬儀社に確認をしておくと良いでしょう。一般的には司会者や葬儀業者のスタッフが、タイミングを教えてくれるので、それに従っておけばマナー違反となる心配はありません。

マナーや注意しておくべきポイント

規模が小さいとなればそれほど精神的なプレッシャーにならないと考えたり、適当になってしまうこともありますが、葬儀でありきちんとしておかなくてはならないことは間違いありません。身近な人なので故人と喪主の関係性を理解していることが多いですが、内容故人と喪主との関係を最初に伝えることは忘れないようにしましょう。その後は通夜や葬儀への参列に対する謝意の気持ちを伝えたり、故人と生前の付き合いに対する感謝、今後の遺族との関係性をよろしくお願いすることを伝えるようにしておくべきです。忌み言葉を使ったり、亡くなった理由や故人が辛かったことなどは話すべきではないので気をつけましょう。本当に家族のみの家族葬となれば、市川市でも喪主は不要と感じてしまいがちですか、少しでも人数が増えるときには喪主は必要と考えておくべきです。喪主という立場になることは長い人生の間でも滅多にあることではないからこそ、松戸市での規模の小さな葬儀でもきちんと考えておくようにしましょう。