アニメーター

アニメーターになるために、必要な学歴や特別な資格はありません。アニメーターに一番求められるのは画力です。ただ絵が上手というよりも、デッサン力や構成力などのスキルが必要になるので、独学でも求められるスキルがあればアニメーターになることができます。独学の場合、自分で描いた作品集をアニメ制作会社などに見てもらい、実力が認められれば採用される可能性もあります。しかし、独学では行き詰まってしまうこともあります。そのため、一般的にはアニメーションの専門学校や美術大学、アニメーション学科のある大学で学び、アニメーターを目指します。学校には、アニメーターを育てるための実践的なカリキュラムに絞り込んだところや、アニメやデザインの理論や歴史など、幅広く学べるところがあります。学校によって特徴や違いがあるので、事前によく比較検討しておくことが大切です。

アニメーターの仕事について知ろう

アニメ制作にはさまざまな制作工程がありますが、アニメーターはその根幹となるアニメの絵を描く作業を担っています。アニメの作画は原画と動画があり、原画はアニメのポイントとなる動きを描いたもので、動画は原画と原画の間を埋めて動きをつくります。原画と動画は役割が分かれており、原画は原画マン、動画は動画マンと呼ばれています。アニメーターが最初に任される仕事は動画マンです。スキルアップすると原画マンを任されるようになります。アニメ制作は、ひとつの作品に複数人のアニメーターがかかわっているため、絵柄のばらつきが生じてしまいます。こうしたばらつきを手直しして絵柄を統一するために、作画監督が最終的なチェックを行い修正の指示を出します。ほかにもアニメのキャラクターデザインと呼ばれる、アニメに出てくるキャラクターを作り出す仕事もあります。

アニメーターの就職先や活躍場所の紹介

アニメーターの主な就職先として、アニメ制作会社が挙げられます。アニメ制作会社の規模はさまざまで、大きく分けて大手制作会社と中小制作会社、専門スタジオがあります。大手制作会社はテレビ局と連携していることが多く、アニメ制作の工程はすべて自社で行っています。そのため、制作工程を全体的に学ぶことができ、アニメーターの育成にも力をいれているなど待遇も比較的良いことから、人気が非常に高いです。競争率も高いですが、多くのアニメーター志望者はまず大手制作会社に挑戦しています。中小の制作会社は大手制作会社から委託された仕事を請け負って、作業業務のみを行っているケースが多く、制作工程をすべて自社で行っているわけではありません。専門スタジオは制作会社のように制作工程全般を行うのではなく、作画のみ、撮影のみといった制作工程別で仕事を請け負っています。また、フリーランスとして会社に籍を置かずに働く方法もあります。