アニメーター

テレビアニメの場合、1秒間に24枚の絵が使われています。アニメーターはこれらの絵を描く仕事をする人です。アニメーターの仕事には2種類あり、ラフを描く原画マンとラフをきれいに描きなおして少しずつポーズを変えてラフとラフの間をつなぐ絵を描く動画マンがいます。アニメーターになるために大事なことは、色々なものが描けるデッサン力です。学校に入学するなら、アニメの専門学校よりも美術系の大学の方がデッサン力を身に着けられるためおすすめです。1日10時間から15時間くらい絵を描き続けることも多く、徹夜することもあり、労働条件はかなりハードです。日本で作られるアニメ作品の6割が日本で作られており、そのうちの7割は東京で作られています。世界に通用するアニメーターになりたいなら、やはり東京で働くのがおすすめです。

アニメーターになるために必要なもの

アニメーターとして仕事を行うには、フリーランスとして作品1つずつに契約するか、作画会社やアニメの制作会社に契約社員として所属することが多いです。フリーとして独立するには、現場で経験を積んでからというのが現状です。日本のアニメーションの評価は世界でも高く、テレビや劇場のアニメーション作品だけでなく、テレビのCM、映画、テレビゲーム、コンピュータゲームなどに使われるアニメも描くなど、幅広い分野で活躍しています。原画と原画をつなぐ動画を描く仕事をするには、根気と正確なデッサン力が必要です。人や動物、物の動きを観察し、どのように動かすかというアイディアも必要ですし、アニメーターの腕次第で作品の出来具合が違ってきます。最近はコンピュータについてのスキルや知識も必要とされています。

知っておきたいアニメーターの仕事の実態

アンケートによると、アニメーターの年間の総収入は、300万円未満と答えた人が65%に上っています。また、その中でも100万円未満と答えた人が27%です。労働条件はかなり厳しいというのが実情です。アニメーターになるためには、基本的なデッサン力を身に着ける必要がありますので、アニメーションについて学ぶことができる専門学校や美術系の大学に入学します。専門学校や大学を卒業した後、アニメ制作会社や作画スタジオに就職します。最近は人がすべてを描くのではなく、コンピュータを使って作画することも多くなっているため、デッサン力だけではなくコンピューやソフトに関する知識、スキルも必要とされるようになってきています。緻密さと根気が必要な仕事であるため、体力や忍耐力があることも必須条件です。