アニメーター

アニメも昔と比べて世間一般的に見られるようになり、アニメーターを目指す方も多くなりました。ゲーム会社やデザイン会社などから引っ張りだこなアニメーターですが、これからアニメーターを目指す方におすすめのアニメーターの仕事の探し方を紹介します。まず、働き方としては会社で正社員として働く、派遣として働く、の2パターンがメインです。人気の働き方としてはゲーム会社やデザイン会社で正社員として働くパターンですが、こちらは就職する際にアニメーター募集のある企業を選ぶことをおすすめします。ゲーム会社といって必ずしもアニメーターになれるとは限らないので、事前に確認して応募してください。派遣で働く場合は「アニメーター 派遣」でネット検索するとピンポイントでアニメーターを募集している企業が掲載されているので、アニメーターの仕事をすぐに見つけたい、という方にはおすすめの探し方です。

アニメーターになるために必要なスキルとは

アニメーター案件のおすすめの紹介をしましたが、そもそもアニメーターにもっとも求められるスキルとは何かを紹介します。最も求められるスキルは画力とスピードは欠かせません。画力に関しては綺麗に絵がかけるだけでなくデッサン力や常識にとらわれない豊かな表現力、また画面構成なども含まれます。また、個性を出す画力ではなく、キャラクターのデザインに合わせて作画することや、配色のセンスも画力に関わってくるので、勉強と技術の両方が大切です。前述の全てを理解、習得した上で仕事としてスピードも求められるので、相当な経験が必要になります。スキルがあればアニメーターという仕事に資格はないので、「デッサンするのが好き」、「アニメが好き」といった強い気持ちだけでもアニメーターになることが可能です。後は、会社に入って仕事をこなしていくと、自然と経験値によってアニメーターとしてのスキルが上達していきます。

会社の人材としてアニメーターを募集するには

「人手不足が問題となっている世の中ですが、アニメーターが不足している」と声明をあげている企業は多くいます。では、どのようにアニメーターを募集するのがおすすめなのでしょうか。まず、アニメーターはPCを使っていることが多いため、求人雑誌で募集をかけるより、ネットやアプリで募集をかけるとアニメーターの目に留まりやすいです。また現在ではアニメーターに特化した求人募集サイトが発足しているため、有名な求人サイトに募集をかけることをおすすめします。その際に、「アニメーター募集」とするのではなく、業務内容から金額、企業名など詳しく情報を掲載していると信頼のできる企業だと認識されやすいです。アニメーターの人材不足で困っている企業は、ネットやアプリで掲載してくれる求人会社に募集をかけることをおすすめします。