アニメーター

アニメーターを目指して日々絵の勉強などに取り組んでいる人は多くいらっしゃいます。一生懸命、勉強しながらもふと、自分がアニメーターに向いているだろうかと考える人も少なからずいます。では、どのような人がアニメーターに向いていると言えるでしょうか。やはりアニメーターを目指すわけですから、根本的にはアニメーションが好きな人、アニメを自ら動かすことに興味がある人が向いているといえます。絵を描くことが好きなことも当然外せません。アニメーションの作成には何枚も何十枚も絵を描き続けなければいけないからです。どんなに好きでも、そこまで書き続けたは嫌になってしまう人も中にはいるかもしれません。それでも仕事ですから途中で止めるということはできませんよね。絵を描き続けることに対する忍耐力がある人もアニメーターには向いているといえます。

アニメーターを目指すならこれだけは押さえておこう

アニメーターに自分が向いていると考えられたら、その道に進むためには何を勉強していけばいいかというのを考える必要があります。まずたいていの人が未経験です。未経験からですと一からということになります。アニメーターの仕事はアニメに登場する人物やその背景を作る人のことです。まずは原画を描いてその後、動画にしていくわけですが絵が描けなければ当然駄目です。まずは美大や絵の専門学校などに入学し、絵の基礎を学び技術を上げていく必要があります。ここで躓いていては先には進めませんし、ここで駄目ならばアニメーターには向いていないといえます。絵の基礎知識や構造などを学ぶことができたら、次はその描いた絵を動かしていく技術を身に着けます。現代では当然パソコンを使用しての作業になりますので動画を作るためのアプリを使いこなせるようにしておくと良いです。

アニメーターになるなら画力を上げよう

アニメーターになるにはまずは画力です。これが出来なければアニメーターにはなれないと言っても過言ではありません。アニメーターを目指す人もそれは当然理解しています。専門学校や美大に通いながら実際にアニメーターをしている人のところにアルバイトに行くというのも技術向上につながります。ただひたすら自分一人で絵の勉強に励んでいるよりも、プロの目線からアドバイスや自分の注意すべきことなどを聞けるというのはとても貴重な経験ですし、確実にレベルアップするために必要なことと言えます。まずは実際のアニメーション制作に触れてみて取り掛かるというのも勉強しやすい環境と言えます。画力は独自のコンセプトなどもありますので良いところは吸収しつつも自分らしい絵の作り方を忘れずにアドバイスをいただくようにすると良いです。誰かのまねではなく個性を持ってアニメーションを作れるようにしていきます。