アニメーター

アニメーターは、アニメを作るときに欠かせない職業の一つです。日本のアニメ技術は海外でも評価が高く、この業界で働きたいと考えている人も年々増えているのが現状です。アニメーターとして働きたいと考えているならまず働くための基礎知識を覚えておく必要があります。まずアニメーターの仕事とは何かを詳しく理解していないといけません。アニメーターという職種は、アニメを作る際にそのアニメに登場するキャラクターをはじめ、様々な背景などを一枚ごとの絵にしていくことがお仕事になります。簡単に言うと作画という仕事になります。アニメにもドラマなどと同じようにシナリオ、つまり脚本があるわけです。そのシナリオに沿って指示されたように原画を描いていきます。アニメーターにはまずそういった作画能力が無いことには始められません。

アニメーターになりたいならこれだけは押さえておこう

そういった作画能力を勉強しつつアニメーターの仕事内容を覚えて行くわけですがアニメーターで就職するためにここだけは押さえておこうというポイントを簡単に教えます。アニメーターには特別な資格も学歴も必要ではありません。やはり一番大きく求められるのが仕事としてやっていけるための絵を描く力、画力です。これに全くセンスが感じられない人は残念ですがアニメーターにはなることができません。ですので、まず押さえておくべきポイントは画力を鍛えるということです。この画力を鍛えておくことで大きくアニメーターへの道が開けてくるわけです。専門学校やアニメーターのための学校、美術学校に通うことによってその画力はどんどん身についていきます。独学での画力の勉強には限界がありますので出来ることならそういった学校に行くことをおすすめします。

アニメーターの仕事を探す方法です

学校でしっかりと画力を磨き仕事としてつかえるくらいまでの技術を身に着けるようにします。きっちり勉強して卒業をしたら今度はアニメーションを作っている会社、つまり制作会社やアニメーションを形にするスタジオなどに就職します。就職先の探し方としては、冊子の求人情報誌や、インターネットなどからでも探すことができます。クリエイティブな仕事になりますので自分の家からそんなに遠く無いところに就職できると良いです。なぜなら帰りが遅くなることもしばしばあるからです。職場への往復だけで疲れていてはアニメーターの仕事に集中できないからという理由もあります。ほかには働く先が自分の書きたいアニメーションを制作しているかどうかという点です。自分が描きたいアニメーションであれば自然と楽しい気持ちで仕事ができますし、周りにいる先輩からの指導も聞きやすくなりますので上達が早いです。