親しさの度合いによっても金額が違ってきます

両親や祖父母、配偶者などの家族が亡くなった時は、松戸市の葬儀社で家族葬をしたい人が増えています。基本的には家族や親族などで行いますが、親しい友人や知人が参列することも多いです。若い年代の人は香典のマナーを知っておきたい人が増えています。親しさの度合いや血縁の濃さによっても、多少は金額が違ってきます。友人や知人の場合は5千円から、1万円前後が平均的な相場です。叔母や叔父などの場合は、3万円前後になっており、従姉妹の場合は2万円から、3万円前後です。仏式のお葬式の場合は、不祝儀袋に御香典や御香料と表書きをして、下に名前を記入します。袋の裏面には金額を記入することが大事です。基本的には訃報は突然入るので、新札を用意する必要はありません。新しいお札の場合は半分に折ってから、包むようにしましょう。

袱紗に包んで手渡しをしましょう

松戸市の斎場では、予算や人数に応じた家族葬のお葬式を行うことが出来ます。使用する祭壇の種類や人数によっても、多少は費用が違ってきます。現代は香典を受け取らないお葬式が増えていますが、親戚や親族などの血縁の濃い人は、ある程度の金額を包むことがほとんどです。斎場の受付で手渡しをすることが出来るので、きちんと一礼をしてから、手渡しをすると良いでしょう。不祝儀袋はむき出しだと失礼に当たるので、袱紗に必ず包んでおくことが大事です。紫や藍色などの落ち着いた色合いの袱紗を選んでおくことが大事です。住んでいる地域や宗派によっても、平均的な相場は違ってくるので、年長者や近所の人に聞いておくと安心です。斎場では私語は慎むようにして、携帯電話はマナーモードにしておきましょう。

義父母の場合は5万円前後ぐらいです

20代、30代ぐらいの年齢になると、会社勤めをしたり、結婚を経験するのでお葬式に参列する機会が増えてきます。配偶者の家族が亡くなり、家族葬のお葬式に参列することも多くなります。義父母が亡くなった時は5万円前後が、平均的な相場になっています。松戸市の斎場では経験豊富なスタッフが在籍をしているので、親切で丁寧な応対を心掛けています。一般葬と同様に心を込めて、供養をすることが大事です。友人や知人なども参列することが多いので、いざという時に慌てないように、基本的なマナーを身に付けておくと良いでしょう。バッグにはハンカチや数珠、財布などを用意しておくと良いでしょう。お焼香をする時に数珠を使用するので、前日から忘れないように用意しておくことが大事です。